about WAP

ウォールアートプロジェクト(WAP)は、インド農村部の学校の壁をキャンバスに、壁画を描く国際的芸術祭を開催しています。
芸術祭開催の目的は、現地の人々にアートの力を伝えること。そして学校で開催することで教育の整備につなげていくこと。開催した学校で通常より50人〜100人入学者が増える実績を残しています。
開催地の人々との交流から生まれた、新しい未来を考えるコミュニティ作り、社会彫刻としての、「ノコプロジェクト」に取組んでいます。

正式名称 NPO法人ウォールアートプロジェクト (2011 年10月31日法人登録)
所在地 東京都世田谷区上祖師谷7−6−1−201
連絡先 コンタクトフォーム


ウォールアートプロジェクト活動実績

2010
●ウォールアートフェスティバル2010
「ウォールアートフェスティバル2010」
日時:2010年2月20、21、22日
場所:インド、ビハール州スジャータ村
参加アーティスト:日本/淺井裕介 インド/スリージャタ・ロイ
参加ボランティア:日本から20名、インドから30名
来場者数:3日間で4000人
メディア:日本の新聞3紙、雑誌2誌、インドの新聞4紙、テレビ3局で報道される。
日本における報告会:全国11箇所で開催 のべ500人以上の来場
助成:国際交流基金 
協賛:貝印株式会社、パルレシフォンインターナショナル、有限会社ブルーベア

2011
●ウォールアートフェスティバル2011
「ウォールアートフェスティバル2011」
日時 2011年2月19、20、21日
場所 インド、ビハール州スジャータ村
参加アーティスト 日本/淺井裕介、遠藤一郎 インド/N.S.ハルシャ、ラジ・クマル・パスワン(ミティラー画家)
参加ボランティア:日本から50名、インドから100名
来場者数:3日間で5000人
メディア:日本の新聞1紙、雑誌2誌、インドの新聞4紙、テレビ3局で報道
日本における報告会:全国18箇所で開催 のべ800人以上の来場
共催:国際交流基金
助成:朝日新聞文化財団、双日国際交流財団
協賛:貝印株式会社、パルレシフォンインターナショナル、イーバカフェ、B&Bサプナ、
インドレストランShama、有限会社ブルーベア
協力:クレサンジャパン

●ウォールアートフェスティバル in FUKUSHIMA 2011
期間:2011年5月28、29日
場所:福島県郡山市の避難所「ビッグパレットふくしま」
参加アーティスト:淺井裕介、遠藤一郎、高須賀千江子(コンテンポラリーダンス)、信長(シンガーソングライター)
参加ボランティア:日本各地から11名
対象:避難所で生活する1000人以上の人々
メディア:新聞4紙で報道
協力:日東電工株式会社(マスキングテープ)

●ウォールアートフェスティバル2012
「ウォールアートフェスティバル2012」
期間:2011年2月18、19、20日
場所:インド、ビハール州スジャータ村
参加アーティスト:日本/淺井裕介、遠藤一郎 インド/A.バラスブラマニアム、ラジェーシュ・チャイテャ・バンガード(ワルリ画家)
参加ボランティア:日本から53名、インドから55名
入場者数:3200人
日本における報告会:全国21箇所で開催 のべ1000人以上の来場
テレビ放映数:10回(6局)
新聞掲載回数・紙数:11回(3紙)
雑誌掲載回数・紙数:2回(「翼の王国」、「flat」)
共催:国際交流基金
助成:今井記念海外協力基金、東芝国際交流財団、双日国際交流財団
協賛:貝印株式会社、アイランドジャパン株式会社、アラタニウラノ、パルレシフォンインターナショナル、イーバカフェ、B&Bサプナ、有限会社ブルーベア 
協力:日東電工株式会社

2013
●ウォールアートフェスティバル2013
「ウォールアートフェスティバル イン ワルリ2013」
期間:2013年2月16、17、18日
場所:インド、マハラーシュトラ州、ガンジャード村「ジーワンシクサンスクール」
参加アーティスト:日本/遠藤一郎、鈴木ヒラク、大小島真木、高須賀千江子 インド/ラジェーシュ・チャイテャ・バンガード、B.M.カマート、ガウリ・ギル
参加ボランティア:日本から37名、インドから30名
入場者数:5100人
テレビ放映数:4回(4局)
新聞掲載回数・紙数:9回(5紙)
雑誌掲載回数・紙数:1回(「月刊チャロー4月号」)
日本における報告会:全国20箇所で開催 のべ800人以上の来場
共催:国際交流基金
助成:ポーラ美術振興財団、今井記念海外協力基金、東芝国際交流財団、双日国際交流財団
後援:在ムンバイ日本国総領事館
協賛:貝印株式会社、リコー社会貢献クラブFree Will、有限会社ブルーベア、アイランドジャパン株式会社、niwa-coya、パルレシフォンインターナショナル、イーバカフェ、株式会社オフィスキタダ、株式会社キンデル
協力:KOKUYO CAMLIM Limited(画材)、GEIPER Limited(インド政府とのコネクション) 

●ウォールアートフェスティバル in SAKURA 2013
期間:2013年10月25、26日
場所:栃木県さくら市穂積476 旧穂積小学校
参加アーティスト:日本/ 遠藤一郎、加藤士文、山田はじめ インド/ ラジェーシュ・チャイテャ・バンガード (ワルリ画家)
参加ボランティア:日本各地から50名
メディア:新聞3紙で報道
テレビ:2局で放送
共催:桜縁会(さくら市の有志団体)

2014
●ウォールアートフェスティバル2014
「ウォールアートフェスティバル イン ワルリ2014」
期間:2014年2月15、16、17日
場所:インド、マハラーシュトラ州、ガンジャード村「アーシュラムスクール・ガンジャード」
参加アーティスト:日本/淺井裕介、遠藤一郎、大小島真木、加茂昂、高須賀千江子 インド/ラジェーシュ・チャイテャ・バンガード、アジェイ・クマル・ウルヴェティ
参加ボランティア:日本から43名、インドから40名
入場者数:4300人
テレビ放映数:4回(4局)
新聞掲載回数・紙数:6回(6紙)
雑誌掲載回数・紙数:1回(Onyva)
ウェブ媒体:5媒体
日本における報告会:全国8箇所で開催 のべ300人以上の来場
共催:国際交流基金
助成:ポーラ美術振興財団、朝日新聞文化財団、双日国際交流財団
後援:在ムンバイ日本国総領事館、マハラーシュトラ州政府管轄観光省
協賛:貝印株式会社、有限会社ブルーベア、株式会社オフィスキタダ、株式会社キンデル、
株式会社コンピューターシステムハウス、株式会社いい旅
協力:KOKUYO CAMLIM Limited、LexInnova Pvt. Ltd, Trinity Travels Pvt. Ltd. 

●アースアートプロジェクト 2014
「アースアートプロジェクト イン プーガ 2014」
期間:2014年8月10日、11日 (プレエキシビション:7月27日、28日)
場所:「ノーマディック・レジデンシャルスクール・プーガ」(ジャンムーカシュミール州 ラダック地方 プーガ地区、インド)
プレエキシビション:「ナング・ミドル・スクール」(ジャンムーカシュミール州 ラダック地方 ナング村、インド)
参加アーティスト:日本/大小島真木、奥間勝也、藤井龍、樅山智子、行橋智彦 インド/ノービナ・グプタ、イシュ・シェハワラット、ナワング・パドマ フランス/セルジュ・フューレット・コーチンスキー
参加ボランティア:日本から8名、インドから10名
入場者数:1200人 
テレビ放映数:日本「NHK福島」1回 インド「Doordarshan」2回
ラジオ放送数:4回(1局)インド「All India Radio, Leh」
新聞掲載回数:1回(1紙)インド「REACH LADAKH」
雑誌掲載回数・紙数:2回(日本「ソトコト」「広報郡山」)
ウェブ媒体:日本34媒体 インド2媒体 アメリカ5媒体 イタリア1媒体 他多数
助成:国際交流基金、今井記念海外協力基金
後援:在インド日本国大使館 ラダック自治開発協議会
協賛:貝印株式会社、有限会社ブルーベア、株式会社オフィスキタダ、株式会社コンピューターシステムハウス、LexInnova Pvt. Ltd, Trinity Travels Pvt. Ltd.
協力:KOKUYO CAMLIM Limited、NNA ニュースグループ 
日本における報告会:全国5箇所で開催 現在も開催中。現在までにのべ200人以上の来場

ノコ=もう十分です、ストップの意。「ノコ」はインド先住民ワルリ族の言葉。「足るを知る」彼らの精神をリスペクトして取り組む、現地滞在型国際交流プロジェクト。